Coach’s daily life vol. 1

こんにちは。

 

コーチの岡村です!

 

今回からコーチの人となりを知っていただこうとこのようコーナーを設けました。

 

コーチ陣のテニス以外での趣味や打ち込んでいること、日常生活をジャンジャン投稿していきますので是非チェックしてください!!

 

さて第一弾は、私岡村の通っている上海プロチームを紹介したいと思います。

 

私は基本的に火曜日の午前中と木曜日の週2回、練習に行っています。

 

上海プロチームは徐匯区の上海市康東網球館を拠点にしています。

 

アウトドアのハードコート4面に、改修工事中ではありますがインドアにレッドクレーコート3面を擁しています。

 

上海プロチームには、元中国ナンバー1のWu Di 選手や最近ランキングを上げている22歳のZhang Zhizen選手などが所属しており、私はまだ一緒に練習をさせてもらえはしませんが、彼らが隣のコートで練習を行っていたりします。

 

ほかには10歳から18歳までの有望なジュニア選手が多数在籍し、プロを目指して練習に励んでいます。

 

またコーチ陣は元プロ選手だった中国人コーチなどが複数人、スロバキア、アルゼンチンからそれぞれ1人ずつが選手たちを指導しています。

 

さらには、上海でもマスターズをはじめ下部大会などが開催されますが、その際に世界各国から短期の拠点にするためにプロ選手が訪れています。

 

先日はセルビアから20歳で世界ランキング 100位台の選手が1週間拠点にするなど、世界のテニスを身近に感じることができます。

 

私はスロバキア人コーチのもと、世界ランキング900位台の選手や17歳のジュニア選手2人と主に練習を行っています。

 

私の身長は179㎝と日本人としては比較的恵まれた体格ですが、プロチームの選手たちは基本的に180cmを越えており、私の練習パートナーであるジュニア選手2人は188㎝と189㎝もあり、私は小柄な部類になってしまいます。

 

日本ではまだパワーのある方でしたが、こちらでは非力になってしまうのでとにかく「腰を落とすこと」、「テークバックを早く完了させること」を意識しないと対抗できません。

 

基本的なことだと思われるかもしれませんが、その基本的なことをやり続けることが上達への早道だということを毎回感じさせられます。

 

ATPランカーの李選手と。

 

選手たちは宿舎の中に住み込んでテニスに打ち込んでいます。

 

また宿舎の中にトレーニング場や食堂もあります。

とても充実したトレーニング場とまではいきませんが、一通り器具などはそろっています。

 

写真は午前のオンコート練習が終わり、昼ご飯前に1時間トレーニングをしている風景。

 

食事はタンパク質と野菜を取れるように栄養士さんがしっかりとバランスを考えてくれています。

 

中華料理というと脂っこいイメージですが、プロチームのご飯はヘルシーで味も最高です。

 

お分かり頂けたかと思いますが、非常に恵まれた環境でテニスができます。

 

練習への参加や見学、日本からの短期合宿などもチームへの相談次第で可能です。

 

例えば、上海でのITFジュニアの試合に出場する際に拠点にしながら練習を行うことも良いのではないでしょうか?!

 

ご興味のある方はGlowing フロントまでご連絡ください!

フロントTel: 4008-210-650

E-mail: info@glowingta.com

 

以上、岡村でした!

 

 

Posted by 岡村