こんにちは。

東和クリニックの許です。

今回のテーマは『テニスの怪我予防について』です。

怪我をしやすい部位

テニスの主な傷つきやすい場所は腕、肘、腰、膝です。

怪我の原因

怪我の原因としては、体に力を入れ過ぎることです。
関節の曲げと体の回転などの動きを合わせると、これらの部位は体の許容範囲を超え傷つきやすくなります。

予防方法

プレーする前に必ず十分なウォーミングアップをして、体を動かします。
例えば、腕、手首、足など全身を伸ばして、テニスコートを2,3週走ります。
このようにしてテニス中の怪我を予防します。
テニスはとても体力を消耗するスポーツです。
試合は特にエネルギーが必要です。体力をつけてから試合に臨まなければ怪我をしやすいです。
試合が終わったら、太ももと腕の筋肉がだるくなるかもしれません。 このような状況を避けるために、試合後に疲労した部分にアイスパックをあてます。
アイスバックと冷湿布は局部の損傷した小血管を収縮させ、炎症反応を軽減する役割があります。
必要な時は、バンテリンと一緒に使用してください。
怪我の予防には、リストバンド、エルボーバンド、膝サポーターなどがお勧めです。

まとめ

姿勢が正しくないと手首と腕や腰を傷めやすくなります。
だから、指導の下、自分の間違った姿勢を直すことをお勧めします。
正しい姿勢で打つのも怪我の確率を下げる良い方法です。  

 

中医科 許 旭偉(Xu Xuwei)

上海中医薬大学医学博士

中西医結合内科,針灸,整脊物理治療

2010年より東和クリニック勤務



連絡先

東和クリニック -TOWA Medical Center-

HP: http://www.towa-clinic.com/

浦東院     tel: (021) 5017-9407
古北院     tel: (021) 5204-6123
天山院   tel: (021) 5299-1377
蘇州藤和  tel:(0512)6722-9924