ギアログ Vol.009 〜Gear log〜

グリップがプレーを変える【オーバーグリップテープ】

Posted by ANDY

ボールを飛ばすのはラケットですが、ラケットと人体が連結する重要なパーツがグリップです。

ショットによってグリップの握り方を変えますし、面がどこを向いているのか手のひらや指の感触で感じ取る非常に繊細な部分でもあります。

グリップはラケットを購入した時に最初から巻いてある「リプレイスメントグリップ(通称元グリップ)」とその上に巻く「オーバーグリップテープ」があります。

今回はGlowingオリジナルのオーバーグリップテープをご紹介しながら、グリップの替え時やチューンナップの方法についても触れていこうと思います。

 

粘着してずれないスーパーウェット

オーバーグリップテープはウェットとドライの2種類があります。大半の人がウェットタイプを使用していると思いますが、Glowingオーバーグリップはかなりのウェット感で手に吸い付くような使用感です。数ある工場から多数のサンプルを試してたどり着いた逸品。スイートスポットを外してもラケットが手の中でずれにくいので、安定したショットを打つことができます。

 

販売総数8000本

グリップテープの作成を始めたのが8、9年前。これまで8000本近くのグリップテープを販売してきました(一部配布)。外部向けにはほぼ広告しておらず、ご使用いただいているのはほとんどがGlowing会員の方ですが、好評をいただき、高リピート率です。黒、白、ピンク、黄色など様々な色を取り揃えて、ラケットとの色の組み合わせ楽しむことができます。

 

おすすめカラーと寿命

どのラケットにも合う色は「白」ですね。明るい色のグリップテープは清潔感があります。中には汚れが目立つと言う理由で「黒」などの暗い色をを選択する方も少なからずいます。グリップテープは消耗品ですので、汚れが付いたり、ある程度時間が経つとグリップ力が落ちて劣化していきます。色の好みは人それぞれですが、汚れが目立ってきたらスマートのチェンジできるよう明るい色のグリップテープがおすすめです。

 

自分に合わせたカスタマイズ

最近どうもショットの感覚がしっくりこなかったので、リプレイスメントグリップをシンセティック(人工素材)からレザー(牛革)に変更しました。また、グリップエンドの部分にキャップをはめて、指が引っかかりやすいようにカスタマイズ。グリップはボールの情報を受け取る繊細な部分なので、自分に合わせてカスタマイズしてみると、良い感覚を掴めるかもしれませんね。自分でカスタマイズするのは難しいかもしれないので、コーチにご相談ください。

 

購入方法

Glowingオリジナルオーバーグリップテープの購入方法は以下の通りです。

価格

120元/袋(12本入り)

※別途送料がかかる場合があります

白・黒・ピンク・オレンジ・蛍光の緑

※色によって在庫がなくなる場合があります。

お支払い方法

WeChat PayもしくはALIPAYにてお支払い(https://glowingta.com/payment/

※備考欄に購入者氏名と品名(グリップテープ・色・数量)を記載してください。

※使用後の返品・交換はできません。